不倫した時の慰謝料ってどのくらい?意外と知らない不倫のこと

- 不倫のケースの慰謝料

不倫のケースの慰謝料

不倫のケースの慰謝料には、市場価格が存在してます。
当然、様々な事情・条件によって金額は大きく異なります
ですが、ある程度のパターンは存在するのです。
この市場価格に即して、話し合いによる解決や仲裁裁判を進行していく事が、慰謝料の申し立ての標準的なスタンスとなります。
裁判のケースでも、度を越して市場価格から逸脱した金額を申し立ててしまえば手数料ばかりが必要となってしまいます。

【慰謝料の市場価格は存在するのか、存在しないのか】


不倫の慰謝料に関して解説しているウェブサイトでは、「市場価格が存在する」という言及と「市場価格というものは存在しない」という言及が入り交じっています。
一体どちらが「確か」だと思いますか。
結論から言えば、どちらも確かな事だと定義できると思います。
それぞれ「市場価格」の意味が僅かに異なるのです。
セックス一度当たり〜万円、というような明確な「市場価格」は現存していません。
ですが、1度のセックスよりも2度のほうが高額だというような「市場価格」は存在します。
50万円〜100万円単位ではあるのですが、「〜なケースでは〜万円」という感じに幾らか金額を突き止める事も出来ます。
この定義で、やっぱり「浮気調査の市場価格は存在する」と言ったほうが良いと思います。

【何故、市場価格を探る事が大切なのか】

市場価格を前もって探っておく事は、慰謝料の申し立ての不動の定理です。
この金額を著しく割り込んでしまうケースでは、不利益を被ってしまいます。
更に、著しく越えた申し立てを行なってしまえば、相手の了解が承知させられないですし、とことん抵抗する姿勢になってしまう可能性もあります。
探偵の調査方法に迫る事と同じように必要以上に意固地になって市場価格から逸脱した金額を申し立てていれば、裁判所の心証も損なわれてしまう恐れがあります。
その上、訴訟を初めて係争するのであれば、申し立てる金額に即した裁判の手数料を払い渡す必要があります。
仮に訴訟で敗れてしまった場合には、裁判の手数料は自分持ちになってしまいます。
1億円の申し立てを行なってしまえば、30万円を越える手数料が不可欠になってしまうのです。

【裁判所においての慰謝料の市場価格】

裁判所は、慰謝料をそれほど沢山は承認していません。
50万円から500万円の範囲の中で払い渡しを承認する場合が大半です。
ごく少数の事例で1000万円というような金額も承認されています。
しかし、全体から判断すればやっぱり金額は多くないと定義できると思います。
話し合いによる解決であれば最高限度は存在しません。
当然、相手も市場価格を幾らか探ると思います。
そのため、訴訟の目安よりも僅かに高額な慰謝料を突き付けると良いと思います。
この部分の攻防に関しては、法曹関係者に話し合ってみると間違いありません。

夫の浮気・不倫調査|浮気調査なら原一探偵事務所にお任せください!
夫の浮気・不倫調査|浮気調査なら原一探偵事務所にお任せください!

不倫に関する用語

「浮気をされていた」
「浮気の対象から金銭を貰いたい」
「でも、慰謝料の仕組みがよく理解できない」
このウェブサイトは、そういった方々の為のデータを取り上げています。
法律の素養がそれほど無くても、把握できるように幾らか分かり易く解説しています。
慰謝料の申し立てを検討しているあなたに絶対利益を齎らす筈です。
とは言うものの、データの正確性を維持する為、分かりにくい解説になっている箇所も存在します。
分かりにくい解説はあまり・・・という人の為に、初めに用語や仕組みの概要などに関して分かり易く解説を行なっていきます。

【用語の解説】
  • 慰謝料:精神的苦痛(気持ちの部分においてのダメージ)に対して払い渡される代償
  • 配偶者:法制度上の婚姻関係を結んでいる対象の事(女の人の場合には旦那、男の人の場合には女房)
  • 財産分与:夫婦が共有している資産を、姻戚関係の解消を行うに当たって整理する事
  • 養育費:姻戚関係の解消によって子供と別れて暮らす事になった親が、子供を養う為に払い渡す費用
  • 探偵:要請を受諾して色んな手段でデータを収集し、知らせる仕事
  • 不貞行為:法律的に不倫と看做されるような振る舞い。肉体的な結び付きを持っていなければならない。
  • 不法行為:法律に違反する振る舞いによって人に被害を及ぼす事。犯罪とは異なるため気を付ける。
【仕組みの概要】

<姻戚関係の解消の手段>
姻戚関係の解消には、大別すると話し合いによる姻戚関係の解消・仲裁裁判による姻戚関係の解消・訴訟による姻戚関係の解消の3つのタイプが存在します。
話し合い・仲裁裁判では、夫婦両者の了解が構築されるか否かが要点となってきます。
これに対して、姻戚関係の解消の訴訟では不貞行為が看做されるか否かが重要になってきます。

<慰謝料>
慰謝料は、浮気を行なった配偶者と、その浮気の対象の両者に申し立てる事が可能です。
どちらか一方に対して申し立てを行う事も出来ます。
承認される為には・・・

  1. 結婚の約束以上の間柄の恋人同士である事
  2. 肉体的な結び付きまで推移している事
  3. 浮気の対象に申し立てるのであれば、意図的・過誤が存在する事と、性暴行の被害者ではない事
  4. 浮気の時点で夫婦の間柄が決裂していなかった事

という要素を整える必要があります。

<慰謝料の市場価格>
慰謝料には一定の市場価格が存在します。
とは言うものの、明確に定まっている訳ではなく、色んな条件を忖度して決められます。
取り分け大切なのは、相手の落ち度の大きさと夫婦の婚姻関係を結んでいた期間の2つです。
新婚1年以内であれば、100万円から300万円、20年を越えていれば500万円から1000万円くらいの申し立てが出来ます。

いかがでしょうか?
いくらか概要がご承知置きいただけましたか。
更に具体的に理解したいのであれば、それぞれのページを閲覧してみてくださいね。